化粧水 しみる 原因

化粧水がしみる原因は、肌が敏感肌になっているケースが多いです。

 

 

敏感肌とは、どのような状態のことであるかというと、洗剤や化粧品、衣類などの刺激で、肌が荒れてしまったり、赤くなってしまったり、痛みを伴ったりする症状のことをいいます。

 

 

化粧する女性

 

こうした肌の状態のときには、化粧水を使うと肌がしみて痛くなったりしますね。

 

 

なぜ、このような敏感肌になってしまうのでしょうか。その原因としては、肌のバリア機能が破壊されることが挙げられます。

 

 

バリア機能が正常に働かないと、外部の刺激から肌を守ることができなくなり、肌が荒れてしまうのです。

 

 

まず、スキンケアが適切でないと、このような状態を引き起こしてしまいます。

 

 

過度に洗顔をしたり、刺激の強い洗顔料を用いたりすると、敏感肌の症状が出やすくなります。また、アレルギー体質の人も同様です。

 

 

花粉症やなにかの食物のアレルギーを持っている人などは、それが敏感肌の原因となっているケースが多いです。

 

 

さらに、栄養が不足していても、肌のバリア機能が低下してしまいます。したがって、以上のことから、次のような対策が挙げられます。

 

 

まず、スキンケアに関しては、界面活性剤などを多く含む、肌に刺激の強い洗顔料などは避けましょう。

 

 

ごしごしと擦るように洗うことはせず、洗顔料をよく泡立てて優しく洗い、タオルで拭くときにも、軽く抑えるようにして拭くのがよいです。

 

 

次に、皮膚に欠かせない栄養素である、たんぱく質をしっかりととりましょう。

 

 

また、ビタミン類は、肌のターンオーバーの働きを助けてくれますので、積極的にとるのがよいでしょう。

 

 

化粧水がしみるのは、化粧水が肌に合っていない、とは必ずしも言い切れません。敏感肌を改善することで、美しい肌を取り戻しましょう。